トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新 ヘルプ 最終更新のRSS

どこでも○○マン

Last-modified: 2020-01-23 (木) 10:48:19 (1040d)
Top / どこでも○○マン

概要

協力バトルで敵の弱点や耐性を一切考慮しない人を指す。
主に火力は二の次で死ににくいキャラ、扱いやすいキャラが標的となりやすい。

報酬アップキャンペーン

どこでも○○マンを生み出す原因の一つに特定職業またはイベントのキャラで協力に参加すると報酬アップするキャンペーンがある。
過去のダグラス3協力やWing of hearts協力、2017正月協力などがその例となる。
過去にはクラスチェンジキャンペーンとして、ドラゴンライダー/マスターでの報酬アップによるどこでもシエラマン大量発生、拳/弓/魔の報酬アップによるどこでもフランマン・アイリスマン・セツナマン・アイシャマンの復活、さらにお知らせ見ないよーのシエラマンも発生していた。
剣/双の報酬アップではどこでもジュダマン・配布エレンマンの低ランク低段位が新たに発生し、全く適正が無い星19乱闘ラボでもお構いなしに入室してくる。
バレンタイン協力では拳/弓/魔でそれぞれ10回ずつクリアのミッションが用意され、どこでも○○マンはこれを大義名分として星17でも適正外キャラで堂々と寄生する。
さすがの浅井さんも嫌がらせとしてマグマジンや糞耐性モンスターを配置して、セツナマンやアイシャマンの排除に積極的であるが、どこでも○○マンにそんな理論は通用しない。

白猫四周年記念

白猫四周年記念の報酬アップは全職対象となっており、どこでもマンが全力で寄生してくる。

現在

2020年1月現在、協力参加人数に応じて報酬アップキャンペーンが引き続き実施されている。
しかし、敵の弱点や耐性を無視した寄生は相変わらず多い。

どこでもマンSS級

アイリスマン

ND5JePe.jpg

「時間停止」状態というオンリーワンのスキルをひっさげて彗星のごとく現れた期待の新人。
S1に高火力操作ビーム、回復、ライトシールド、S2にHPSP回復とどこでもマン待望のぶっ壊れキャラなのだがS3バフのおまけの時間停止付与が全てを台無しにしている。
時間停止状態の敵は効果が切れるまで(10秒ほど)倒せないのでザコ戦で使われるとそのままタイムロスになり害悪度が非常に高い。
倒すとすぐに次の敵が沸いてくる討伐クエストでは時止め厳禁となっている。
現在はややインフレに置いて行かれたにも関わらずクエスト適正を無視して寄生してくるアイリスが多い。

魔王マン

Vm7eApk.png

FC弓の快適さとロックオン操作可能ビームの爽快感で脳死勢に大人気。
闇属性とインフレに飲み込まれない割合ダメージでわりとなんとかなってしまうと思っている勘違いマンが多数存在する。(ただ、大体の魔王マンはs3を使用しない)。
白ダメが火力不足、同じFC弓のガトリンが後継機として浮上してきた。現在一番良く見かけるどこでもマン。
昨今の属性メインの協力でも何食わぬ顔で参加するのでかなりヘイトを稼いでいたのも過去の話。
2018年はオスクロルの再登場も無く、現在はほぼ見かけなくなった。

セツナマン

kjrRgVJ.png

耐性無視攻撃と快適な操作性、超耐久で根強いファンがいる。式神の耐性無視攻撃は新しく追加された召喚耐性(主に属性種)の登場によって、その地位を下げた。
なおも式神によるHP回復と状態異常回復のサポート能力を武器にしぶとく生き残って来たがインフレの並に飲まれ、以前に比べて目撃頻度は下がってきている。
「流星協力」では餅持ちセツナが暗闇をばら撒くテロ行為を各所で行った事で一気にヘイトを高めた。(本人は状態異常バリア持ちなので平気。自分もセツナ使えばよくね?)
代表的などこでもマンでイベント協力などが実装されると「今日はセツナマンしていいのか?」「セツナで良くね」などと冗談を交わし合うのが恒例となっているが絶対許せない勢とレスバトルが始まる事もある。

九条番外編開催によるCC後再調整で拳最強クラスに返り咲き、再びどこでもセツナマンが復活。

茶熊セツナマン

茶熊学園版セツナはと耐性ダウンと極度燃焼という新たなデバフを手に入れたことにより、新たなセツナマンが登場した。
基本スペックはほぼ変わらず式神の強さは相変わらずであるが、スキル2にダイソンが付いており厄介な面もある。
弓は暗闇つきの武器が多くフォボスが出現するクエストでは注意が必要。

九条番外編開催によるCC後再調整で再びどこでもセツナマンが復活。

双剣セツナマン

サモンセツナは強職の双剣で再上場した。
ボスの耐性を無視してどこでも現れるのは言うまでもない。

シエラマン

優遇されている突キャラの光属性でロックオンビーム持ち。
さらにクラスチェンジ記念キャンペーンの協力報酬アップ対象で適正外の協力にも寄生が多数いた。
協力報酬アップ対象外の決戦クエストですら、堂々と居座る低ランクや低段位が多い。
ランク上げ目当ての星19マーメイドは逆に人権キャラとなっていた。
ドラゴンライダー、クロスセイバー、バーサーカー、ルーンセイバーいずれのシエラも強キャラとなっており、敵の耐性無視上等で今日もランマチに現れては解散を突きつけられる。

まどかマン

魔法少女まどか☆マギカコラボで実装された光属性アーチャー。
低燃費で撃てる高火力の操作可能ビームのスキル2にSPリジェネなど、どこでも○○マンに必須の要素がてんこ盛り。
モチーフ武器のまどかは地雷とされ、リンカーや水鉄砲を持っていれば分かっているまどかとされる。

コルネマン

スキル2の輝けー!で大半の敵を殲滅または大ダメージを与えるためどこでもコルネマンが激増した。
最大火力を出すのも簡単でスキル1使用後、スキル2を連発するのみ。しかも出が早いのでケラウノスの近くで撃ってもカウンターされる前に倒してしまう。
コルネは出現する敵に応じて武器を持ち替える事により、柔軟にカスタマイズ可能。
斬ダメージ半減耐性持ちのキングホーネットですらコルネに蹂躙されている。
コルネ登場以降のイベントボスはほとんどがコルネ適正となっており、パルメショックを超えたとも言われるが、当時より白猫をやっている人が減っているのは事実である。

どこでもマンS級

マフユマン

xdgMI7r.png

扱い易さと入手難易度の低さで初心者に人気。
低難易度(特にソロクエスト)では文字通り無双してしまう為、勘違いをした初心者がリーダーに設定したまま、協力クエに特攻してしまった事が大きな原因の一つ。
現在ではほとんど見かけなくなった。(新規がいないから)

フランマン(探偵)

Du8R4FP.png

BP50%のLSを持っているので段位上げを免罪符にどのクエに出張してくるが、段位を気にしない多くの一般白猫民から非難の声があがった。
ゲストでくるフランマンはもはや謎。
また、S2の演出の派手さから仕事をしてるように見えて殆ど何も貢献出来ていない。
特殊なフォームチェンジの仕様で、連続タップするとほぼ無敵になることから、死ににくいと言う点も適正無視民から支持される。(ふと攻撃を止めるとフランがタップ連打だけしていたという報告も)
ほとんど見かけなくなったので、今ではただの黒歴史。
神気解放とクラスチェンジによって超絶強化され、BP目当てのどこでもフランマンが再び蔓延している。

BPアップホストに寄生するアンドリューマンも中には存在し、クイックキャラチェンでこっそり紛れ込む。
最近ロマン砲かつBP60%アップのLS持ちメンディーが登場し、突が通る協力以外でフランマンの立場が危うくなってきた。

茶熊ティナマン

無属性の打撃キャラであるが、餅スキルの三属性やスキル3の超高火力でどこでも見かける。
スキル1のスキルダメージアップバフやリーダースキルのダメージアップ50%があるため、最低限の仕事はこなしている。
クラスチェンジの本格化に伴いほぼ絶滅した。

アイシャマン

ガトリンと同じ炎属性弓でガトリンマンの息の根を止めた。
その後キンクラ2アイシャが登場し、こちらをよく見かける。ただし魔方陣を多数貼られると視界テロとなる。
帝国2アイシャは拳でまず見かけない。
現在でもよく見かけるのは茶熊アイシャであるが、スカル武器を持っていないのが大半であった。
しかしアイシャは全て転倒やバフ消しには弱いのである程度のPSが要求される。

シェリルマン

ギガ武器を持った通常攻撃特化のシェリルが打撃や魔耐性を無視して現れる。
打撃半減のキングキメラもシェリルマンの餌食となる。

ポテミマン

短時間でクリア可能な協力星19で見かけるランク上げ目当ての寄生ホスト。
正月ツキミのLSが経験値60%アップ、さらにポテト武器のオートスキルに経験値アップ付いている。

リルテットマン

まどかを引けなかったどこでも○○マンの成れの果て。
突が通る協力で見かける。

どこでもマンA級

ユキムラマン

R0pyamD.png

遂にテトラと並ぶ強キャラが登場した。当時、配布量と出現率が非常に緩かった事もあり所持者が多い。
お手軽高火力で大人気。現最強キャラの1人であり様々な協力で見掛ける。
実装から特に苦手な協力はなかったのだが初の不適正協力のキンクラ協力でもそれなりに確認できるためどこでもマンとして名を馳せるのは時間の問題かもしれない…。

ガトリンマン

JNk31Mj.jpg

魔王同様扱い易さから予備軍入り、防御振りにすれば火力がなく、逆に攻撃振りにすれば耐久がない中途半端などこでもマン。
またs1掛け直しで何度も糞リジェネを撒いたり高い属性値でマグマジンを超回復させてしまうなど他のどこでもマンに比べて害悪度が高いのが特徴。
しかしアイシャの登場によりほとんど見かけなくなった。

テトラマン

クラスチェンジにより再び前線に返り咲いたテトラである。
多段が上手な人かシエラを引けなかった人が代わりに使っている。

どこでもマンSSS+級

ダグラスマン

「Brave the Lion〜獅子髪の剣士〜」の配布キャラ。当時としては破格の性能(最強)で協力はフナムシダグラスで溢れかえった。

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • イクニキ、フォボス、鯨アイドル、パコハウス2協力とか -- 2017-08-10 (木) 12:46:36
  • テトラマンっていないよねそういえば -- 2017-08-16 (水) 15:16:57
  • ドコデモマン アイリス!デュワッ!! -- 2017-08-30 (水) 01:41:38
  • ダグラスの氾濫ぶりは格が違う -- 2017-10-08 (日) 17:45:42
  • ダグラスはダグラスを使わない事が縛りになってたレベル -- 2017-10-11 (水) 14:35:39
  • 曜日に寄生してくるアイリス多すぎ -- 2017-12-08 (金) 06:01:53
  • アイシャマンはないのね -- 2018-03-12 (月) 22:11:57
  • ダグラスだけはマジで格が違うわ ドレインスキルが強すぎたし☆4確率2倍前だからみんなキャラも武器も☆4が少なかった -- 2018-04-27 (金) 10:01:52
  • アイリスマン(WORLD END版) -- 2018-09-17 (月) 16:11:38
  • 後継者マンも入れるべき -- 2021-11-01 (月) 04:07:00
お名前:

http://shironeko-shitaraba.net/wiki/index.php?cmd=s&k=b3dcb60719