トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新 ヘルプ 最終更新のRSS

島掘り議論

Last-modified: 2018-04-12 (木) 21:00:35 (2285d)
Top / 島掘り議論

概要

したらばでしばしば起こる議論。島掘り(ストーリークエストの攻略)において、どのキャラクターが快適に、素早くクリア出来るかということについて語られる。 3つの大きな派閥に分かれており、その内訳は

  1. レイヴン(常夏のサマー)
  2. オスクロル
  3. マフユ

である。これらのキャラは、いずれもぷにコン操作で移動しながら追尾ビームを撃つことができる、いわゆる「ロックオンビーム」スキルを持っている。しかしながらそれぞれの派閥がお互いを憎み合っており、相手の言うことは全く聞く耳を持たず、したらば掲示板においてこの議論が解決したことは一度も無い。

各派閥の特徴

1 レイヴン(常夏のサマー)

古参のプレイヤーが大半を占める大派閥。レイヴン(常夏のサマー)は排出当時あまり強くなく、同ガチャの当たりキャラであったカスミを先に手に入れると撤退してしまうプレイヤーが多かった。そんなレイヴンが一年後の神気解放にて魔改造を受け、別物と呼べる強キャラに生まれ変わったのだ。今でこそ島掘りキャラに甘んじているレイヴンだが、当時の協力バトル最高難易度の★13 地獄極楽アマデウスでは最適性のキャラとまで言われるようになった。

速度と射程を兼ね備えたロックオンビーム、ヒット数でのSP回復、そこそこ範囲のあるダメージフィールドを持ち、また移動速度も相まって非常に快適な島堀が可能である。ただし元のSPがあまり高くない事、S2の消費重い事、S2が早すぎる事などから敵が散発的に出現する広いステージでは後述の武器がないとSP切れを起こしやすい。一度SP切れを起こしてしまうと貧弱な通常攻撃でSP回収しなければならない為手間が掛かるという欠点もある。

レイヴンをお持ちでない方は多く、さらに後日登場した限定キャラ、シオンのモチーフである真・エンブレイス・リユニオンを装備させていないと100%の力を発揮出来ないということもあり、派閥参入の壁は高い。(半年後に登場した限定キャラ、ユキムラのモチーフ彩剣 雲鶴がシオンモチーフを上回る噛み合いを見せたので、ここでレイヴン派は若干増加した。)

また2016年12月に行われた過去キャラプレゼントキャンペーンにより、(1/10という低確率を潜り抜けた者のみではあるが)当時のガチャで入手できなかったプレイヤーでもレイヴン派を名乗れることとなった。しかしプレゼントされたキャラにはそれを見分けるためのマークが付くため、プレヴンという不名誉な呼び名を付けられ、場合によってはレイヴンをお持ちでない方より下に見られることがあった。

以上のことにより彼らの選民意識は非常に高く、オスクロル派と特に対立している。

2 オスクロル

古参から新参まで幅広いプレイヤーが所持しており、派閥は一枚岩ではない。オスクロルが美しい容姿の女性であることからレイヴン派に対し、「むっさい男キャラとか使いたくねーわw」という煽りが多発した。

発動時間が長く横幅も広い操作可能ロックオンビーム、割合ダメージによるHP削り、自動追尾で敵を攻撃するファンネル(SP回収はできない)、フォームチェンジ弓特有のチャージでの連射など便利な要素を多く兼ね備えている。またオスクロルのみの特殊な仕様としてチャージ中はドラゴンライダー等と同じような浮遊状態となり一部のトラップを無効化しながら攻撃する事もできる。ただし、島掘りに用いる際はs2を撃つと「延々と赤青切り替えスイッチをロックオンしひっくり返し続ける」「ビームを撃っている間ずっと暗転し続けるため宝箱やスイッチ類が大変視認しづらい」という取り回しの悪さが目立つ。またレイヴン等と比べるとスピードでは劣る部分がある為、上記の要素を踏まえてトラップ回避のサブミッションを埋める際やコンベアやマグマ等が多いステージで使用する便利枠としての側面が強いように思われる。画面暗転に関しては電池消費が増えるが、端末画面の明るさを最大にすることである程度は何とかなる。

また最近のキャラクターなのでステータスも高く、高難易度のクエストにも充分通用するので、全てのクエストにオスクロルを連れて行く、所謂「どこでも魔王マン」と呼ばれるプレイヤーが大量発生した。どこでも魔王マンは特に新参プレイヤーに多く、オスクロルが全く役に立たない協力バトルに連れて行く、協力部屋に入った時に挨拶をしない(モラルの問題なので一概に悪いとは言えない)、協力バトルで放置するなどの行為が多発したため、オスクロルそのものを嫌う者も多い。

しかしその容姿や性格からファンも多く、オスクロルに母性を感じ幼児退行を起こしてしまう住民も発生した。

3 マフユ

2016年9月から現在まで排出され続けているフォースターキャラなので、所持者は最も多い。

ビームは上記の2キャラに比べると若干細いが、移動が非常に速く、アーマーバリアにより転倒防止も可能。但し欠点として少しでもダメージを受けると性能がガタ落ちしてしまう。

武器に関しても、ルウシュモチーフ、グレモリー、正月シオンモチーフと島掘りに最適な武器を手に入られる機会が多く、完全体にするのが容易。さらにそれらの武器が無くても自前の攻撃速度200%アップによりSP回収は瞬時に行える。まさに島掘りのために生まれた女である。白猫テニスバージョンのSDの出来が非常に良い。

しかし上記2キャラと比べて攻撃力が低く、またマフユの魔属性に対して耐性を持つ敵が頻出するため、殲滅力は若干劣る。このようなこともあってマフユ派は他派閥に対して喧嘩を売ることはあまり無く、比較的穏健派だと言える。

暴走兵士等を倒しても死にタゲを取らないという点で上記2人にはない強みを見せていたが、アプデにより死にタゲ自体がなくなってしまう。三大派閥から追いやられる日も近い。

その他

セツナ

完璧に近い防御性能(ダメージ99%カット、状態バリア、回復)、召喚した式神の優秀なAI、適当にタップしていれば敵を倒せるので彼女を島掘りに使うプレイヤーも多い。高い駆動力と小回りの良さで10島などの糞ギミック多数の島掘りでは大活躍する

ガトリン

最近出て来たキャラ。移動操作ビームは持っていないが通常攻撃がオスクロルの強化版であり、長押ししているだけで敵を倒せる。ぞばばばばばばばば。最近出て来たキャラ。移動操作ビームは持っていないが通常攻撃がオスクロルの強化版であり、長押ししているだけで敵を倒せる。ぞばばばばばばばば。移動速度に難があり快適に島掘りができない。

エクセリア

初登場時全てのキャラクターを歩兵にした島掘り議論を始めて起こした最強キャラ。ドラゴンライダーの移動速度、9島で初登場したマグマジンへの対応力、S1のヒール&異常回復&敵気絶の使いやすさと通常攻撃を振るだけの脳死っぷり、さらに島リセ実装による高速石回収の需要が合わさり島掘り女王と呼ばれた。現在では型落ちだが彼女の影響力は高い。

ブラッド

操作ロックオンスキルの元祖。(コロプラ表記上)ただ時期が悪く移動の必要性の薄いメルヘン、打不遇のアマデウスが協力の主流であったため万人から高い評価は得られなかった。島堀り力に関しては当時ダントツで最強、モチーフ武器は撃破SP回復に速度UPという致せりつくせりの状況であった。なお2017年6月現在未だに斧の操作ロックオンはブラッドのみであり、特定の周回では候補に上がることもある。2018年ついにエマちゃんに取られました

今さら掘る島とか無くね?

島リセット済み、島復刻しても最近はリセット無しで掘る島が無い人も多数いる。

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • こうやって見ると面白いものだな -- 2017-06-20 (火) 01:30:48
  • 記載はないけどセツナとショウも操作ロックオンと同じ挙動だよ -- 2017-06-20 (火) 10:52:55
  • いかに議論がしょうもないものか俯瞰で見れる良記事だなww編集者に感謝 -- 2017-06-20 (火) 15:12:38
  • 面白かった -- 2017-06-20 (火) 21:13:58
  • 魔王とマフユはS2撃つと減速するザコ -- 2017-06-22 (木) 01:25:04
お名前:

http://shironeko-shitaraba.net/wiki/index.php?cmd=s&k=4f5454feca