トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新 ヘルプ 最終更新のRSS

嫌がらせ2018

Last-modified: 2019-02-28 (木) 08:15:16 (1871d)
Top / 嫌がらせ2018

このページは見る人によっては著しく気分を害す可能性があります。少しでも癪に障ったら戻るボタンの利用をおすすめします。

目次

+  目次

概要

浅井さんや白猫開発スタッフはあの手この手を尽くして、プレイヤーにストレスを与える嫌がらせをしてきます。
今の右上フリックアクションゲームしか知らない新規にはわからないと思うので古参の思い出記事として見ましょう。
ここは2018年の嫌がらせを綴ったページです。

4人協力星19

トリプルアクセル・ピースフルの追加から一年以上経っての新難易度追加だったために期待するユーザも多かったようだが、嫌がらせのオンパレードだった。
浅井さんは足りない知恵を振り絞ってスキルぶっぱを防ぐため、バフ消しとSPRダウンの敵をあちこちに配置したステージを高難易度としてお出ししてしまったのである。

暗雲アンダーグラウンド

クエスト開始と同時に瘴気の魔人登場で封印を回避しないとスキルが使えない。
定期的にバフを消すメタル壷が帝国戦旗以来の登場、しかもHP100あるため破壊するには適正キャラがかなり絞られる。
2面で2個、ボス面で4個登場しボス面は全て破壊すると瘴気の魔人が登場する徹底した嫌がらせ。
メタルガイコツも登場し、壷の破壊を全力で妨害してくる。
最後はマルドゥークを倒せばクリアであるが、ゼロクロ協力よりは弱かった。

とってもマーメイド

ウェンディゴが登場でこちらも開幕の咆哮を回避しよう。
さらに付与効果を消して無効状態にするグリーンマンドラゴラ、スキルに対してデンジャラスカウンターを行うハネカエシーやヘビーナイトが大量に登場する。
赤いヴァリアントと同じ姿のイグナイトが登場で紅蓮2のアクセが通用しない。
ソロだとバフ消しや咆哮をスキルの無敵で防ぎつつデンジャラスを回避するだけのステージだが、協力だとスキル終わりに飛んできたバフ消しや咆哮は避けようがなく、最大の敵は味方ということを思い知らされた。

乱闘ラボラトリー

三つ目の星19が追加されたが、こちらも嫌がらせ要素は健在である。
1面と2面にSP減少クリスタルが発生し、破壊するために魔が最低一人は必要となる。
ボス面は攻撃バフ壷と防御バフ壷が置かれ、最低でも防御バフ壷を破壊しないとダメージが通りにくい。
さらに煙る鏡の1段階目を倒し2段階目に移行すると再び壷が置かれ、こちらも防御バフ壷を破壊する必要がある。
一番の嫌がらせは剣士・双剣で報酬アップキャンペーンで非適正キャラが堂々と居座り解散祭り、報酬アップが無かろうがどこでもシエラマンが発生するのは言うまでも無い。

決戦クエスト第1弾

この協力イベントではボスのキングウッホの討伐に成功すると自身の「決戦パワー」がアップし、討伐を繰り返すことで最大9999まで上昇するという新要素が導入された。出現するボスのレベルはパーティの決戦パワーの平均で決まるようになっていた。

問題はボスのレベルが自身のパワーと同程度もしくは高いと討伐成功時のパワー上昇量が大きくなり、低いと小さくなるという点で、一人でも決戦パワーが極端に低いプレイヤーが混じるとパワーが高いプレイヤーが一方的に損をする仕様になっていた。素早く討伐できればレベル差によらず50ポイントは得られるようだが、ボスのレベルが低い時に時間がかかってしまうと1ポイントしか得られない。他人のレベルは確認不可能なため、ランマチで9999を目指す場合はレベルの低い相手と当たらないようにお祈りするゲームになってしまった。9999到達で貰える報酬はどうでもいいアクセサリなので、4000で貰える石版でリタイアすれば嫌がらせの影響はほとんど受けないのが幸いであった。

なお、このイベントに出撃するには常設協力の報酬で得られるチケットが必要だが、第1弾開催時点で集めたチケットは第2弾以降には使いまわせないという嫌がらせ仕様が注意事項にひっそりと書かれている。

イベント終了間際のエイプリルフールでチケット消費1枚や取り巻きのウッホが星たぬきに変更など、一部キャラには嫌がらせにしかならない仕様変更がされた。

虚空に座す暴虐の巨竜

ドラゴンライダー/マスターのみ報酬アップ対象の協力にも関わらず、星15には白マンティコア、星17にはアクア武者など糞耐性モンスターを多数配置、報酬アップにならないキャラを入れないとクリアに時間がかかる。
ランマチでは竜4での報酬アップにこだわるホストがいるせいで解散祭り。
しかしルーン集めはぬるすぎて配布の2倍書で余裕だった。
図鑑埋めのための周回要素が強い。

ランク上限解放

意外と早くランク400が開放されたが、ドラゴンライダー/マスターのみ協力報酬アップ中、シエラまたはクラスチェンジしたキャラでないと星19マーメイドを効率よく周回できずランク上げ効率が悪い。
さらに今までは5ランク上げるともらえたミッションジュエルもランク365にならないともらえない。
研究院を最大まで上げても10ジュエルしかもらえない。
ルーン所持数は最大9999個のままで相変わらずと散々である。
通常クエスト経験値アップキャンペーンもやらないまま、さらなる殿堂の上限解放が発表されてまたもや色ルーン不足に悩まされる日々が続きそう。

蒼き炎のテンペスト

ルーンバリスタ

操作性が最悪で毎回不評のルーンバリスタであるが、今回も登場した。
ブルーフレア降下作戦ではSP消費が無いが動くターゲットに当てにくく、下手にフリックするとルーンバリスタから降りてしまう。
魔幻獣の撃退クエストではターゲットに当てやすいが、SP消費ありとハード以上は体力が多くフリックする回数が非常に多い。
しかし抜け道も見つかり、村防衛クエストでは挑発スキルで敵を一ヶ所に集められ余裕となった。
魔幻獣の撃退は茶熊ティナスキル3を当てることによりルーンバリスタを使わずともクリアできる。

狂状態

インフレに次ぐインフレの対抗策としてダメージをデフレさせる狂状態という新たな敵専用バフが登場、強キャラだと敵に与えるダメージがすべて99%以上カットされる。
白ダメージ・属性ダメージ・毒ダメージなどほとんどカット。
オートスキルでHP吸収またはスキルにHP吸収があるキャラはダメージが減るため特に相性が悪い。
ただし狂状態の敵はHPも低めに設定されている。

メモリアルルーン

最近のイベントは当たり前のようにメモリアルルーンの配布を意図的に遅らせている。
通常であればガチャで新キャラを入手した時に使いたいのであるが、浅井さんは虹星武器に備えての虹星貯蓄を許さないため、新キャラを四凸したければ虹星を使えと言わんばかり。
蒼き炎のテンペストではキャラと武器ガチャ、協力バトルと石版が揃ってもメモリアルルーンが配布されず、チャレンジクエストでの入手になった。

チャレンジクエスト

浅井さんは嫌がらせに嫌がらせを重ね、メモリアルルーンは3回目のチャレンジクエストをクリアしないと入手出来ず、さらに雷属性クエストはボス面開幕でディメンションナイト、最後の真打ちにデスサンダーを出してしたらばは阿鼻叫喚となった。
持ち物検査に次ぐ持ち物検査を通過して苦労しても斧と杖のメモルーン各1個ずつしか寄越さない。

チャレクエの最後は魔幻獣討伐であるが、制限としてHP回復量90%ダウン、開始時SP30、SP回復量3制限に加え、サブミッションに斧魔縛りや被弾20回以下があり、さらにピースフルでもおなじみのSPダウンクリスタルまで設置され、定期的に破壊しないと端末カスやPSカスは苦労する仕様となっている。
案の定エマやアンジェラ接待クエストであるが、プロ猫民はナギで無被弾プレイ上等でした。

とらぶるトラベラー

剣士クラスチェンジ記念イベントの意味合いが強く、事実上のフィオナ一点狙いのガ チャとなっている。

ソアラ

ソアラと言えばパーティの異なる職数だけHP・攻撃・防御・会心アップオートスキルであるが、今回も健在である。
ソロクエでは職をばらけさせても、協力では報酬アップが剣・弓・竜のみでオートスキルがフルに発揮できない仕様となっている。
ブレイブアーマーも新種となり、一定時間状態異常無効になるが以前のように一定値以下のダメージをカットしないため、石版やアクセサリで防御を盛る必要がある。
モチーフは不機嫌ランスがあれば交換する必要が特にない。

魔幻獣

今回の魔幻獣は初音ミクコラボのレルムマシーネのギミックをほぼ使い回しており、画面上部のゲージが満タンにならないと防御壁を破壊できず、本体コアにダメージを与えられない。もちろん本体コアは狂状態でダメージが大幅カットされており、さらに前回の反省で時止めが無効化されている。
一番厄介なのは魔幻獣が発射する即死ビームの命中判定に不具合があり、岩陰に隠れていてもダメージを受けることがある。さらにゲージを満タンにすると発射される防御壁破壊ビームと同時に発動すると非常に避けづらい。

属性モンスター

ナイトメアモードでは当然のように属性モンスターも出現するが狂状態のアクアパペットが出たり、HP100万以上あるアクアクィーンなど、さらに持ち物検査が厳しくなっている。

デンジャラストラップ

アクションスキルでは回避不可能なデンジャラストラップが新たに登場した。一部クエストではトラップを受けた回数5~15回以下のサブミッションもあり、スキルぶっぱではトラップを回避できず達成できない。

協力デイリーミッション

剣・弓・竜でそれぞれ協力を2回クリア、剣・弓・竜のいずれかで協力を6回クリアのデイリーミッションが追加されたが消化が非常に面倒となっている。
さらに土日限定で協力3回と9回クリアミッションにグレードアップし、報酬も良くなったが面倒でやらなかった人も多数いる模様。
ミッション警察に捕まっても良いならやらなくてもいい。

とらぶるアドベンチャー

クラスチェンジ専用のアクセが入手出来るが欲しいオートスキルを持った紅の宝玉を拾うまで周回を強いられる。
さらに紅玉の指輪を一つしか所持できない仕様で雷80%を拾っても、例えば移動速度30%攻撃速度20%を破棄しないと所持できない。
雷80%が大正義かと思われたが、限界突破上限解放で汎用性の高い移動速度30%攻撃速度20%が必要となった。

虹星交換武器(インゴット武器)

実装されずに消えていくと思われた虹星武器であったがまさかのCC導入前提の販促システムとして実装。
CC後限界突破を8段階まで上げるとエクスインゴットが一つもらえ、それを4つ集めて交換するという交換形式となった。
ASや武器スキルは各武器種で全く同じであるがCC専用武器ということもあり破格のスキルダメージUP1000%という武器スキルを備えている。だが当然この武器スキルにも嫌がらせがあり、再使用まで20秒間必要。
1つの武器を入手するために最高で32個という大量の虹星が必要であり、かなり苦労させられる。

白猫プロジェクト公式攻略データベース

ファミ通Appがコロプラと癒着してデータをもらっている公式wiki。
しかし、公式wikiを名乗っている割には非常に見づらかったり誤字も多い。
ガチャ実装直後は金SSだったのが数時間後には黒SSになるのも日常茶飯事。
すべて金SSに騙されるおま皆様が悪い。
コメント欄は管理放棄された動物園となっており荒れているのが普通。
最近こっそりと仕様変更され、キャラ名などの特定キーワードを書き込むとそのキャラのページにダイレクトリンクされている誰得仕様となっている。
ランキングと書き込むとキングが認識されており大罪コラボのキングのページに飛べる。

ゴールデンウィークミッション

以前は当たり前のようにジュエルが配布されていたが、今年のGWミッションは武器ガチャチケット配布のみの配布ジュエル絞りに突入した。
ノーマル700匹、ハード800匹、ナイトメア1000匹の敵を倒すミッションも用意されたが、その後デイリーミッションに敵を300匹倒すがあり、案の定先にやった人が損をする結果となった。

キングムカデLV上限解放

ゴールデンウィークのキャンペーンの一環としてキングムカデのレベル上限が12000に変更された。レベル10000以上のムカデはHP上昇量がそれ未満と比べて大きく、さらに唯一デンジャラスではない火球攻撃がなくなり無敵の潜り攻撃の頻度が増えるという行動パターンの変更も行われた。ユーザにとってのメリットは獲得するメダルが少し増えるというほぼ無いに等しいもので、スフィア集めが面倒になる嫌がらせそのものであった。

お知らせの告知画像ではゴールデンウィークのみの措置であるかのようにも読み取れたが、イベントの終了まで上限は12000のままであった。ステルス茶熊ティナ4人でのワンパンを防ぐための措置であるとも言われている。

3島ナイトメア

5月7日にようやく実装されたが、シークレットは6月実装とまたしても浅井さんに裏切られた。
恐らく5月の配布ジュエルを絞るためと思われている。
ただし、1クエストをコンプしてもらえるジュエルは8ジュエルでここは変更されなかった。
これにより島リセットして温泉2ガチャを追う計画がパァになった人も少なからずいる。

ストーリーのUIは旧仕様であるが、12島の敵が出るためストーリー自体は以前に出来ていたとも噂され る。

七つの大罪コラボ2

白猫温泉物語2ではガチャスタンプ1枚目の最後や2枚目の5個目にも星5確定があったが、大罪コラボ2の確定枠は2枚目の最後といつも通りに戻された。

〈傲慢の罪〉エスカノール

炎属性ウォリアーとして登場、原作の正午に近くなるほど闘力が上がる設定を反映したオートスキルを持ち、リアルタイムの10~14時が最強になる。
平日のおま皆様では本領発揮できない時間帯だが、土日はキングムカデ退治の人権になるとされる。
声優がかつて浅井さんに数多の苦言を呈した杉田智和で案の定報復されたとの噂。


未CCでも極呪斧でHP維持できれば、オートスキル1で100%、オートスキル3で150%、武器オートスキルで200%あり、400%を満たすことが可能。
それ以外はHP100%を維持しつつ、攻撃150%バフをもらうことによっても成立する。この場合は竜シエラにオーバーヒールと攻撃150%バフをもらうのが適正と言える。

ルーン上限解放

2018年6月まで白猫のルーン所持数上限は9,999個であった。
相次ぐ施設上限解放で必要武器ルーンやスタールーンが四桁に突入するも上限が全く解放されず、建築キャンセルというプレボにルーンを保存する方法を利用するしかなかった。
6月にようやくルーン上限が解放されるも、19,999個でまたもや建築キャンセルを駆使してルーンを整理しないとあふれてしまう。
武器ルーンやイベントルーンは受取期限が無いが、スタールーンは定期的に取り出して建築キャンセルする方が良い。
なお本家版では3月頃に先行実装され、またもやおま国仕様となっていた。
ちなみに白猫テニスは2016年から上限99,999個まで解放されている。

キングスクラウン2

HELLモード

文字通り地獄の難易度のクエストであり、クリアすると専用の金色称号が手に入る。
HP回復量半減及びSPR3制限、開始時SP100、3人縛り、制限時間5分、ジュエル復活不可能(魔道士での復活は可能)となっている。
サブミッション自体は飾りでクリアすれば必ず埋まる。
一部の敵は他のクエストより耐性や行動パターンが変更され、少しダメージを与えただけで発狂するバフォメット、打魔耐性1/100のケラウノスなどがある。
さあやはミラティブ配信で全くクリアできずぶち切れており後日クリアしたが、ケンちゃんに手伝ってもらった疑惑がある。
ケンちゃんやバロン声優、子安武人はクリアしている。

強キャラが活躍するいつもの持ち物検査と思いきや、ヒーロー縛りや星3のジジイソロでクリアする強者もおり、プレイヤースキルと装備構成次第でクリアできるクエストだった。

ヌシ協力

煩悩協力では2分間完全放置でもルーン・ゴールド・ソウルを獲得できた。
しかし、ヌシ協力では最大HPの20%以上ダメージを与えないと獲得できないように下方修正され、放置だけでは経験値とBPしか獲得できなかった。
スキル3でどんな敵でもHP30%削れるオスクロルが人権となり、持っている人はステルスからのスキル3一発当てれば後は余裕で放置でした。
完全放置でも経験値やBPがかなりおいしかったので、放置しながらランクや段位上げをした人も多数いる。

フォースタープロジェクトアルティメテオ

マゴロクジャンプ防止のため、新キャラは投票対象外となり、16キャラ中下位3キャラがガチャから退場となった。
さらに上位3キャラの順位及び投票数が伏せられるようになり、最後まで結果は分からないようにされた。
リアム、ダンビ、リーゼロッテの3名が上位に残り、最終的にはリアムが1位で勝ち残り茶熊学園2018の登場権を獲得した。
しかしリアム声優は長期療養中で今回のフォースターは今までに収録したボイスが流用されていた。

ベルメル、クレア、マフユは今回も勝ち残っており落ちる気配が全然無い。

+  虹星三馬鹿

カオスエンブリオ

ガチャ

白猫四周年ガチャが近く当たりのシェリル一点狙いとなり、ガチャスルーおじさんは徹底的にsageまくる。
相方のルーファスはマイクロソフトと言われるほど性能が酷く、モチーフも何卒でした。
シェリルを引いても虹武器のギガキューブが必須となり、8凸が少ない無課金だと温泉やキンクラで虹武器交換してインゴットが足りないとも言われる。

報酬デバフ

協力が実装されたが報酬アップ対象職が不出来と槍のみ、しかしどこでも○○マンは報酬デバフだろうがお構いなしに協力に寄生しようとし、ホストに毎回解散される。
特にどこでもシエラマンは竜・双剣・大剣いずれも発生しており迷惑極まりない。
ルーン自体は星19を全員適正職5倍書6周すれば必要数1000個集まる。
しかし槍は協力適正キャラが少なく、ピークやディランでホストしてギガシェリルやギュダが来るのを待つ方が確実である。

討伐チャレンジ

地面から生えてくる腕を倒すだけの単調なクエだが、操作ビームキャラでないとSSを取りにくい。
討伐ポイントは7500まであるが、腕を1体倒しても1ポイントの等価で7500体倒さないと全ての報酬をもらえず、マドハンド狩りと呼ばれる。
星5合成用ハンマーをもらえる2500ポイントまではやっておきたい。それ以降は250ポイントおきに星3合成用ハンマーが20本ぐらい並んでいる精神的苦痛を受ける。

白猫四周年

周年イベント復刻

白猫四周年記念生放送までは周年記念イベント復刻でお茶を濁して新規イベントが一切無かった。
復刻イベントはなぜかルーンメモリー対象外でコンプ報酬無し、モンスター図鑑埋めが終わればいつもの暇猫になった。

生放送

生放送の進行がいつも通りのgdgdでダヤやカムイが非常に不愉快なだけの生放送であった。
特にカムイはモーションキャプチャーで無駄に動いており、変な所にコストがかかっている。

南の島の100億トライドル

四周年記念イベントワールドエンドの次のイベントであるがガチャとイベント共に評価は良くない。
ノーマルモードはジュエルがたったの107個しかもらえない。
南の島と銘打っているが、実際は名前が変わったワイハの島が舞台となっている。

賞金首狩り

高レベルのボスモンスターを2キャラで倒すクエスト。
属性ナーガやバフォメットも登場するが、HPが高くワンパンは至難の業である。
図鑑が埋まっていないボスの図鑑埋めに使えるメリットはある。

ファルファラ

おせニャんで中村さんはアクセキャラ的な説明をしていたが、シュバって来ない。
オートスキル3にシンフォニーパワー中、味方の攻撃・防御・会心+50%があるがCC環境では大して効果が 得られない。
ステルスが剥奪されて、スキル1とスキル2を使用するとシンフォニーパワーMAXとなった。

ヴィンセント

闇属性ドラゴンライダー(バイクライダー)として登場した。
フルパワーを出すにはスキルを5回使う必要がある典型的なスロースターター。
スキル2の演出にバイク4台あるが、控えの1人しか反映されない。ついでに再使用時間10秒の制限もある。
火力も何卒でファミ通評価も黒SSとイベントキャラの中で一番低い。
原則ガチャコンプ派のケンちゃんにもスルーされる有様であった。
中の人は当然出るまで引いたが、やっぱり最後に出てきた。

協力バトル

何を思ったのか浅井さんと中村さんは協力バトルに戦国IXAの陣取り合戦を持ち込んだ。
IXAはソロクリアされまくったので今回はソロクリアしにくいように陣地と敵を配置しており、適正キャラ がいないと苦戦する相変わらずの持ち物検査であった。
報酬デバフになろうが適正キャラを使うのが賢明だ。
特に星19はホストがギャンガーZを早く潰さないと苦戦必至である。

あまりにも不評であったため、星17と19は敵の攻撃力を下方修正となった。

medEbz8.png

プレミアムジュエルパック

浅井さんと中村さんは課金者に対しても嫌がらせをしてくる。
2018年7月の四周年で登場したプレミアムジュエルパックにも様々な嫌がらせが仕込まれていた。

プレマーク付き儚いメモソ

プレミアムジュエルパックの2~4回目を購入すると儚いメモソが付いてきたが、何をとち狂ったのかプレゼントマーク付きがプレボに送られてきてしまい、当然武器交換に使えない。
運営は不手際を認め、プレマークの付いてない正真正銘の儚いメモソが送られてきた。
なおプレマーク付きは勝手に処分してくれとのこと。

プレミアムチケット

プレミアムジュエルパックを購入すると星4キャラと星4武器確定のプレミアムチケットがそれぞれ1枚ずつ付いてくる。
このチケットで引けるガチャは2017年2月以降の復刻可能ガチャが対象となっており、廃課金で所持キャラが多いほど虹星になる確率が相対的に高くなる仕様となっている。
フォースターも排出対象に含まれるため、マゴロクを引いてしまった日には謎の打撃音を出したくなる。

怪盗ピアナと贋作王の壷

怪盗イベントと呼ばれる本イベントであるが嫌がらせが満載の特濃カルピスだった。

イベント詰め込み

8月下旬にリゼロコラボ復刻がある影響か通常二週間ぐらいかけるイベント実装を一週間で済ませている。
火曜日:イベント本編ノーマルとガチャ
水曜日:武器ガチャ
木曜日:ナイトメアモード
金曜日:協力バトル

周回数

イベント建物、石版、BGM交換でそれぞれ専用ルーンが必要となり5倍書を多用させられた。
さらに協力バトル実装日の挑戦状ミッションに報酬デバフのルーンセイバーやバーサーカーが入っており、これらの職で寄生する人も多かった。

怪盗レベル

怪盗レベルを上げることにより本イベント限定のステータス補正がかかったり、新たなギミックが発生するようになっている。
しかし協力バトルでは大罪コラボ2と違い、怪盗レベルのステータス補正が適用されない仕様となっていた。
さらにナイトメアの特定クエストでは怪盗レベルを上げないとサブミッションコンプが出来ないようになっていた。

協力バトル

相変わらず自演しにくいように各プレイヤーのスタート位置が分散しており、道中も二手に分かれて進むようになっている。
敵自体はそれほど強くないが、報酬デバフキャラ寄生が多くスムーズに行かない。

挑戦状ミッション

10日間開催され毎日3つのミッションが挑戦状として叩きつけられた。
ミッションを一定数達成で最大100ジュエルもらえるが25回クリアする必要があり、逃してもいいのは5回までと厳しい。
特に嫌がらせ度の高いミッションとしてリザード種200匹討伐、双剣と魔で星19協力5回クリアがある。
紅蓮2協力に出てくるリザードやマンティコアは不具合で何匹倒しても1匹しかカウントされず、後日未達成者のみ再開催となった。
星19クリアミッションの日はラボや豆に双剣で寄生する人が多く解散祭りだった。

宝箱100個開けろは渚一回で済んでしまい、敵1000匹倒せは紅蓮2協力星9を二回で終わるなど抜け道もあった。

4人協力星20

中村さんが8月のおせニャんかおせ生で星20行きますと告知、実装は意外と早かった。
属性モンスターが登場するため適正キャラが星19よりもさらに減った。
炎属性モンスターが出る星20未実装でそのうち追加されるでしょう。実装されました。

すもぐりワンダーランド

水属性モンスターが多数登場し、星19ラボにも出たSP減少クリスタルもある。
しかし、トライドル2顎や神気解放ルカ、シルヴィアなど強力な雷属性キャラによって実装直後から早々にのどかな草原化してしまった。
固定パーティを組めば高速周回できるため、ルーンセイバーのルーン集めに適している。

くわばらサンダーブラスト

デス・サンダーを始めとする雷属性モンスターやケラウノスが登場する。
スタート地点は全員バラバラのため、各個にケラウノスを撃破する必要がある。
あちこちに設置してあるオブジェクトを破壊すると、デス・サンダーが追加で現れるなど地味に嫌がらせポイントが高い。破壊せず無視するのが一番。
二面やボス面の毒沼は地味にダメージが高く、毒無効または状態異常バリアでの対策が必須。
デス・サンダーのおかげで周回する人は少なかったが、キアラの登場によりデス・サンダー政権も長くは持たなかった。

てりやきクリムゾンファイヤー

炎属性モンスターが多数登場する。
2面とボス面でバフ解除のメタル壺がど真ん中に登場するため不評となっているが、期間限定ミッションのためしぶしぶ周回を強いられる。

やみなべディストラクション

闇属性モンスターの出る協力星20も追加された。
ボス面に出てくるイシュクルとロイドさんイシムードが強い。 先にロイドさんを削るとバフ消しが飛んでくる地雷プレイが横行している。
正攻法としては先にイシュクルを倒す。

ひだまりテラーパレス

2019年になってから実装された闇推奨の星20協力。
光属性の敵が多数出現するが、ボス面には闇属性無効のチックタックが登場するのが嫌らしい。

ランク450解放

意外と早いランク上限と研究院上限解放で浅井さんはおま皆様のタウンマを許さない。
ランク400の時とは異なり、全職協力報酬アップとなっていた。

研究院のレベルアップに色おにぎりと色ハイルーンが要求され、さらに面倒となった。

THE BATTLE ISLAND~光焔の御子と氷闇の牙~

シャルロットイベントであるが何卒の塊。

アクセ掘り

難易度が高いほどアクセサリドロップ率が上がるとされるが、HPやSP回復制限がありただただめんどくさいだけである。
さらに最高値のアクセは虹色や金色ではなくノーマルドロップから多数出ていた。しかし案の定不具合で背景色の修正がされた。
結局は普通の難易度を周回したほうが効率的である。

アレン

ダッシュ時間に応じて次のアクションスキル強化(最大850%)という前提オートスキルで最大火力を出すのに時間がかかり、スキル発動ももっさりしておりDA無効もないためDAの餌食にされる。さらに回復スキルには効果が無いという不具合が三ヶ月近く放置されていた。
ダッシュ中アクションスキル同等の攻撃回避状態という一見強そうなオートスキルを持つが、こんなのが役に立ったのは転職勇者のソアラチャレンジ一部クエストぐらいと散々でした。

金メッキはがし

イベント開始直後にハゲはシャルロット、メンディー、ヨナを金SS評価にしていた。
しかし翌日には一時的に全部黒SSにした後、メンディーのみ金SSにするという金メッキはがしを断行した結果、各キャラのコメント欄が荒れて無放置地帯となっている。

冒険家

敵キャラとして弓冒険家、双剣冒険家、大剣冒険家が登場、それぞれが特定の武器や属性に弱点と耐性を持っており、ナイトメアでは非常に高い体力を持つ。
ナイトメアの超難しいでは弱点と耐性を把握しないで戦うと時間がかかってしまうが、ヨナ餅の極度凍結を利用すると一方的に殴れる。
後に茶熊学園2018でも登場し大いに苦しめられた。

オーバードライブ紅蓮3

今回も嫌がらせ満載!!

紅蓮3レクト

ケンちゃんは当初金SS評価であったが、案の定翌日になるころには黒SSに評価を下げていた。
さらに金メッキはがすなという意見やコメントに対しても無視や黙秘を貫いている。

クエスト開始時オーバードライブ状態というオートスキルを持つが、SP制限クエストでは発動しない置物となってしまう。
例えばBATTLE ISLANDの難易度を少し上げただけでもSP制限が優先され、SP回収必須の役立たず。
紅蓮1レクトにあったファンネルが剥奪されており、SP回収しづらい。
ここまで何卒にされるとモチーフ武器も何卒されてしまい、イベントの主役なのにハズレキャラとなった。

ポリスケルトン

ガイコツの亜種モンスター、こいつの掴み攻撃でよくハメられる。しかもデンジャラスアタック扱い。
一度掴み攻撃を食らって解放されても、次のポリスケルトンがさらに掴み攻撃を仕掛けてくる、運が悪いとイグナイトやイクティニケのデンジャラスがすっ飛んできてTHE END。
生存クエストのサバイヴアタックでよくハメられてイライラお月様。

一説ではしたらば警察の正体はポリスケルトンと言われる。

当初は掴み攻撃にデンジャラスアタックのエフェクトが無かったが、不具合で後に追加されたという経緯がある。

サバイヴアタック

一定時間生存クエストの難易度アップバージョン。
敵が増えると画面上部のゲージが伸びていき、最大まで行くとカウントダウン5から始まり0になった時点で強制終了。
ゲージを減らすには出た敵を倒して減らせばよい。
最終的には1分30秒~2分生存でクリアとなりSS判定。
ステルス放置するおま皆様を浅井さんは許さなかった。

ビンゴミッション

ソロと協力それぞれにビンゴミッションがあり、協力のみ嫌がらせ度が高かった。

協力実装時には、

  • 炎属性キャラで5回クリア
  • 闇属性キャラで5回クリア
  • 変で3回クリア
  • 弓で3回クリア
  • 杖で3回クリア
    のミッションがあり、闇属性キャラを持っていない人は完全に詰みであった。
    星19に適正外のビンゴミッション対象キャラで寄生が後を絶たず例によってホスト解散が多発していた。
    その後ビンゴミッションは修正され、先にミッションコンプリートした人が損をした、

13島

13島は今までの島と異なりクエスト数が減っており入手ジュエルも当然減っている。
ログインボーナスで配布減った分を調整した模様。

13島ボス

13島ボスは登場演出がやたらと長くスキップ不可能、さらにこの演出中にシュバが発動しても全部無効となっている。
ギミックは分身は通常攻撃のみ有効でスキル無効、四方にいる分身を倒すと陣が消えて本体にダメージを与えられるようになるが、逆にスキル有効で通常攻撃無効となっている。
図鑑埋めぶはノーマルのボスとハードのボスをそれぞれ20回倒す必要あり。

アキシオン

敵の分際でカットイン付きデンジャラスアタックを連発してくる。
一定時間経過で消えるバリアを持っており、クエスト開始時とHP半減時に使用する。
ダウン中以外にキャラチェンジするとステルス石版装備でもカウンターのデンジャラスアタックが飛んでくる。

同じルームに戻る

最新バージョンのiOS版限定で起きている現象。
協力終了後に同じルームに戻るを選択するとルームに戻るが、最近のバージョンではなぜかヘレナの立ち絵を表示した後、ルームに戻るため微妙にロード時間が増えている。
毎回魚を見せつけられるのは精神的苦痛。
なぜかAndroid版では起きていない模様。

クリスマスイベント

今年はシェアハウス仕様だったのだが、
「出かける」の一部クエストのサブミッションを埋めるのが大変だったりする。

HELLモードもクリスマスの日の16時に解禁されたが、 HP回復量・初期SP量・SPRに制約は一切無い。
また、オトモのモンスターによるモンスタースキル(フレンドスキルのようなもの)がかなり強力なものがそろっており、
オトモは時間経過で何度でも復活できるため囮としても役に立つ。
闇属性モンスターも出現するが倒さなくてもクリアは可能な為、光属性にこだわる必要はない。
これらの理由から、たいして苦戦せずにあっさり金称号を獲得できた人も多い。

一方でシェアハウスイベントとしては大きな改善も見られ、アルバイトが廃止された。
そのためウェイを稼ぐ必要は無く、「出かける」で全6キャラ分の友好度を上げてキャラストーリーを読むだけで済む。
ちなみに今年は過去のクリスマスイベントがルーンメモリー追加まではされなかったものの、期間限定で復刻された。

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 日本語おかしいしキャラ名くらいまともに書いてほしい。こういう内容こそ冷静に客観的に書いた方がいいと思う -- 2018-07-30 (月) 14:28:26
  • マジレスしちゃう自覚ないおま皆様は戻るボタンを押しましょう。 -- 2018-07-30 (月) 18:04:11
  • ↑途中送信したわ。これ盾にすんのやめろ、ださい。 -- 2018-07-30 (月) 18:04:56
  • ざっと見たけどここ更新してるの一人だな、文体全部同じだわ -- 2018-08-03 (金) 16:59:33
  • 8月下旬にリゼロコラボ復刻がある影響か通常二週間ぐらいかけるイベント実装を一週間で済ませている。 来るの遅いと文句言うし、早くても文句言うし、このページの筆者はアホだし、コロプラも大変だな。 -- 2018-08-20 (月) 17:13:29
  • 去年に比べればマシになったな相変わらず属性はつまらんけど -- 2018-09-18 (火) 10:45:37
  • ランク400の時とは異なり、全職協力報酬アップとなっていた。しかしランク上げは光焔協力星19でホストに経験値アップLSピアナ、ゲストにギガ王子とギガシェリルと自由枠がベストである。 全然しかしじゃねぇし、意味わかんないからここ消しといたぞ。書くのはいいけど頭悪く見えるから文章はまともにしてくれ -- 2018-10-05 (金) 20:26:12
  • 全職協力報酬アップとなっていたってそもそもいやがらせじゃないしな -- 2018-10-05 (金) 23:57:38
  • 大河もだが187個の件も書いとけば -- 2018-10-19 (金) 02:23:11
  • 茶熊も嫌がらせ多かった気が -- 2018-12-26 (水) 13:40:01
お名前:

http://shironeko-shitaraba.net/wiki/index.php?cmd=s&k=48bde8c4a2